« アニメーションと実写の境界線が消える? | トップページ | 京都開催がはじまります »

2008年4月20日 (日)

いよいよ開催!「 イメージフォーラム・フェスティバル2008」

毎年開催の映像アートの祭典、「イメージフォーラム・フェスティバル」が今年も開催いたします。
国内外の刺激的な映像アートの最新作を一挙上映、国内コンペ入賞作品とともに、18プログラム76作品を上映、展示いたします。東京会場は、新宿のパークタワーホール。もろもろの詳細は、公式サイトをご覧下さい。

特集プログラムは「ドリーム・マシーン」と題して、映画やTV、インターネットなど視覚メディアが本来持っていた妖しい魅力を特集。霊的な雰囲気の短編作や、スラヴォイ・ジジェクがヒッチコックやリンチの映画を精神分析にかける異色のドキュメンタリー「スラヴォイ・ジジェクによる倒錯的映画ガイド」(写真)や、現在のインターネット環境が如何にドラッグ・カルチャーやサブカルチャーと強く関係しているかを、次々に状況証拠を挙げていくXファイル的刺激に満ちたドキュメント「ザ・ネット----ユナボマー、LSD、インターネット」など。他にも、ヴェネツィア・ビエンナーレ注目作や映画祭話題作など興味深い作品が目白押しです。4月27日から5月6日まで、以下、京都、福岡、名古屋、横浜など巡回上映いたします。

お問い合わせ:イメージフォーラム・フェスティバル事務局 03-5766-0116
Photo_2

|

« アニメーションと実写の境界線が消える? | トップページ | 京都開催がはじまります »

Image Forum Festival」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アニメーションと実写の境界線が消える? | トップページ | 京都開催がはじまります »