2010年1月 3日 (日)

ワークショップ2010年度 受講生募集中!

| | コメント (0)

2008年11月20日 (木)

作家研究連続講座vol.3ー工藤里沙「夜のファンタジー」

工藤里沙「夜のファンタジー」

「イメージフォーラム・シネマテークのご案内」tel: 03-5766-0116
作家研究連続講座vol.3ー工藤里沙「夜のファンタジー」12月5日〜14日
映像作家工藤里沙さんの個展を開催いたします。イメージフォーラム映像研究所を卒業後、コンスタントに新作を発表し、作家活動10年を迎えて新たなファンタジー空間を創出する新作『FLying Boat
FLoat ー飛行艇、浮かぶー』が完成しました。

多彩な対談ゲストも連日予定しています。
小林エリカ(漫画家、小説家)+蔭山周(映像作家)<12/5 7:30の回終了後>
本多力(俳優「ヨーロッパ企画」)<12/6 7:30の回終了後>
松本俊夫(映像作家)<12/7 2:00の回終了後>
宮台真司(社会学者)<12/13 7:30の回終了後>
辻村友晴(ミュージシャン:キセル)<12/14 4:30の回終了後>

プログラム等の詳細はこちら

|

2008年9月 3日 (水)

イメージフォーラム・シネマテーク

NO.913  作家研究連続講座vol.2-高橋慶 「リキテックス製のアバター」
9/13(土)14(日)20(土)21(日)
作家研究連続講座第2回は異色の画家/映像作家の高橋慶の初個展。仮想空間に、限りある時間のみ存在する絵画。アバターの様な軽さと偏在が「自動的」に「毎日」生成されること、その脱力した悦び。

「takahashi.m4v」をダウンロード

|

2008年3月12日 (水)

イメージフォーラム映像研究所 2007年度卒業制作展

「cm.mov」をダウンロード <動画:Aプログラム 「ragged film 01-03」  島田量平>

いよいよ上映! 多くの映像作家を輩出したイメージフォーラム映像研究所 ワークショップの卒業制作展。(映像制作コース第31期、アニメーションコース第5期)一年を通して築かれたイメージが鮮やかに結像する。映像作家の第一歩。42作品5プログラムを一挙上映。3/20-23。詳細はコチラ

| | コメント (0)

2007年11月18日 (日)

人形アニメーションの基礎

「3danimation.m4v」をダウンロード
先月アニメーションコースで行われた「人形アニメーションの基礎」(講師:保田克史)連続講座の記録です。
ア二メートしやすい人形の材料や組立かたから学び、早速動きのテストをして見ました。その場のアイディアで動きや展開のヴァリエーションが生まれます。春の卒業制作のヒントとなるでしょうか?

<映像制作コース、アニメーションコース共に現在受講生募集中です>
詳細はコチラ

| | コメント (0)

2007年10月25日 (木)

金子川水難奇譚 予告編

「kaneko.m4v」をダウンロード
今週末から公開の「金子川水難奇譚」の予告編ができました。 2007/10/27,28,11/3,4 @イメージフォーラム・シネマテーク(03-5766-0116)
上映の詳細は、コチラからお願いします。 


| | コメント (0)

2007年8月30日 (木)

アニメーション・ワークショップ

「aruki.mp4」をダウンロード
2007年7月に行われたイメージフォーラム夏期特別講座「アニメーション・ワークショップ」から、受講生のみなさんが講座内で完成させた"歩き"の課題作品をupします。短期間で「動く画」の醍醐味を習得した個性的な"歩き"が楽しめます。
短期の講座は終了いたしましたが、来年4月より一年制の制作講座が開始となります。募集は10月から。下記アドレスやチラシなどで詳細ご確認ください。
www.imageforum.co.jp/school/

|

2007年1月21日 (日)

TOKYO LOOPトークショー/しりあがり寿+しまおまほ

TOKYO LOOPトークショー/しりあがり寿+しまおまほ編
1/10 19:00 しりあがり寿+しまおまほ両氏によるトークショーの模様です。

|

2007年1月18日 (木)

TOKYO LOOPトークショー/大山慶、清家美佳

TOKYO LOOPトークショー/大山慶、清家美佳編
1/6 19:00 大山慶(右)清家美佳(左)両氏によるトークショーの模様です。

|

2007年1月 4日 (木)

TOKYO LOOPトークショー/田名網敬一、相原信洋

TOKYO LOOPトークショー/田名網敬一,相原信洋編
12/30 19:00 田名網敬一(左)相原信洋(右)両氏によるトークショーの模様です。

フィルム制作の感覚について、作品を作り続けることについてお話いただきました。

|